妊娠線が消えると話題のノワーレですが、実はノワーレは妊娠線を消すだけではありません。ノワーレは既にできてしまった妊娠線にも効果があると言われています。他の妊娠線用クリームとの違いなど詳しく検証してみました。

できてしまった妊娠線にお悩みの方、これからノワーレを買おうかどうしようかと迷っている方は是非参考にしてください。

ノワーレで妊娠線が消えた人の口コミ

実際にノワーレを使って妊娠線が消えた人の口コミを検証しました。

Mさん

妊娠線を防ぐためには保湿が大切だと聞いていたので、オイル系のボディークリームでケアをしていました。でもオイル系は塗ったその時は確かにしっとりするのですが、次に塗ろうとする頃には少し乾燥を感じて、これでいいのかな?と不安になることもありました。それでも使い続けていたのですが妊娠後期に入ってくるとやっぱり妊娠線ができてしまって、友人に相談したところノワーレを紹介してくれました。ノワーレに変えてから、オイルを使っていた時と全く違ってしっとり感が持続します。このまま続けていけばもっと薄くなっていくだろうと実感しています。

Sさん

ところどころ張り裂けたような妊娠線がたくさんできてしまって悩んでいました。ドラッグストアで妊娠線用のクリームを購入しようと色々みていたのですが、できてしまったものはもう治らないと諦めていたところノワーレに出会いました。ノワーレは既にできてしまった妊娠線にも効果があるということで期待してつけ始め、1ヶ月ほど経ちます。保湿力がとても高くて常にしっとりとした肌触りです。最近気付いたのですが、あんなに目立っていた妊娠線が随分薄くなってきたようです。

Rさん

最初ノワーレを説明にあるようにゆっくり擦り込むようにつけた翌朝、お腹部分の皮膚の触り心地がすごいしっとりしていてクリームの持続性の高さに驚きました。妊娠線には乾燥が大敵だと聞いていたので、その保湿力の高さに驚きました。私は妊娠中盤から妊娠線がものすごく気になっていたので毎日2回、必ずつけるようにケアしたのがよかったのか出産後もそれほど目立たないのかな、と思います。このまま使い続ければ早い段階で妊娠線を消すことができそうです。

ノワーレは妊娠線を消すだけじゃなかった

ノワーレはできてしまった妊娠線を消すクリームとして定評がありますが、実は妊娠線を消すだけではなかったのです。妊娠線以外にも使ってる人はどんな使い方をしているのか調査しました。

・太もも

確かに太ももは皮膚が割れやすい部分です。水着を着た場合逆に妊娠線は隠せても太ももは隠せません。ノワーレは妊娠線に限らず、皮膚の内側のお肉が断絶してできてしまった部分の修復にも効果を発揮しますので、お腹以外の部分にできてしまったとしてもきちんと効果が出てきます。

・お尻

お尻の下の方など皮膚がざらついたりボコボコしていませんか?保湿力の高いノワーレでぷるんとした綺麗なお尻を目指しましょう。

〜ノワーレ購入サイトはこちら〜

ノワーレで妊娠線が消えるわけ

できてしまった妊娠線、これからずっと消えないのかな…そんな悩みを持っている人が多いから妊娠線用のクリームが開発されたのですが、今までは中々自分にぴったりのものに出会えなかった人もいるかもしれません。

ノワーレが従来の妊娠線用のクリームとどこが違うのかについて調べてみた結果、ノワーレ以外のクリームは実は妊娠線ができてしまう前にケアするものばかりだったんです。既にできてしまったものには効果が期待できないものばかりだった、というわけですね。

ノワーレが既にできてしまった妊娠線にも効果があるのは、皮膚科医も診断したレジストリルが配合されているからです。レジストリルは肌を健康に保つとともに、肌再生を助ける働きがあると実験結果が出ている成分です。

もう一つの肌ダメージケア成分として配合されているツボクサエキスは、裂けてしまった皮膚が原因で起こる肌トラブルの修復が期待できる成分です。

妊娠線用のクリームを選ぶ際には、肌ダメージを修復する成分が配合されているノワーレが良いと言われる理由も納得です。